【ありがとう】と【ごめんなさい】

 昨日、私が書いたブログについてですが。。。

私自身の【思うところ】をストレートに書きました。そのことにコメントを下さった方たち、お立ち寄

りいただいた皆様に

ありがとうございます

そして・・・その内容で、不快に思われた皆様・傷つけてしまった皆様に

ごめんなさい

 今回、このような出来事の中で文章(文言)で他人を幸せにしたり、楽しませたりの半面、

傷つけたり、不快にさせたり、不幸にもするという事を身をもって学ばせていただきました。

 私は、今回の出来事を一生忘れずに私のブログやもうひとつのメインの会場となった

ブログで出会った・その場に居合わせたすべての皆様との出会い?といいますか

そのことに感謝します。ありがとうございます。

 私も二人の子供がいます。私自身も成長しなければこの子達に笑われてしまいそうです

先だって新聞でとある人の発言として『叱るには叱るだけの資格がいりますよ』

とありました、子育てに関する発言として。

 自分のブログとはいえ、私は他人のことを非難したりする資格はなかったと思います。

皆様に見ていだだくわけですからね・・・

今回のことでは本当に勉強になりました。と同時に昔はそこいらじゅうにいた《カミナリ親父》

を懐かしく思いました。私もよく怒られ、親父とケンカもしました(^^ゞ

古き良き日本の文化だったのかもしれないような気がします。「もちろん親にも叱られました

が」

 最後にもう一度、本当に多くの皆様。

ありがとうございました。

 そして

本当に申し訳ありませんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sakura
2007年04月02日 20:05
大人な対応ですね。尊敬します。
Motoさんのバルーンパフォーマンスのファンであれば、直接会って心の内を話せば皆仲良くなれそうな気がするのは私だけかな?
文字だけの世界って伝えたいことが上手く伝わらなくすれ違いが多くなり残念ですよね。
通りすがり
2007年04月02日 20:37
今回の事をあるサイトで成り行きを傍観していたものです。
だんだんと話の焦点がずれていき 感情が先走りしてしまったように思えて残念ですね。

ネットの向こう側は人間。
キーボード打っているのは人間。
そう思えば激しい人を傷つける言葉も出てこないと思うのですが・・

言霊という言葉があるように 優しい魂のこもった言葉をネットでも現実の生活でも発して行きたいですね。

この件が現場に居た子供たち、スタッフ そしてmotoさんも 魚屋さんも あの方も・・
お互いの向上につながることを願いたいです。

この記事へのトラックバック